「ありがとう」と「笑顔」あふれる JA相模原市 金融機関コード:5159

売上ランキング

相模原市地産地消野菜ランキング20(農産物直売所ベジたべーな調べ)

  • 1
    ナス
    漬けてよし、焼いてよし。煮物、揚げ物、生食にも向く、多くの用途がある野菜。世界中で栽培されているが、地方品種が多いのも楽しみ。
    ※販売時期:6月~10月頃
  • 2
    大根
     古代に中国を経て渡来し、長い栽培歴を持つ。季節を問わず、全国的に栽培されている。青首ダイコンが主流で、世界一大きく重い桜島大根などユニークな種も多い。
     ※販売時期:1月~6月頃・10月~12月頃
  • 3
    ねぎ
     古くから薬効成分のある野菜として親しまれてきた野菜。旬は冬だが、周年栽培され、殺菌作用もあり用途も多彩に。
     ※販売時期:1月~4月頃・8月~12月頃
  • 4
    ほうれん草
     多種多様なミネラル・ビタミンを含み、抜群の栄養価を誇る緑黄色野菜。冷え込むと味がよりよくなり、生のままサラダにする楽しみ方も。
     ※販売時期:1月~5月頃・10月~12月頃
  • 5
    ブロッコリー
     カロテンやビタミンB群が豊富な緑黄色野菜。緑色の花蕾と茎を食用とし、 生活習慣病予防に効果的といわれる有効成分も多く含まれる。
     ※販売時期:1月~3月頃・11月~12月頃
  • 6
    小松菜
     カブから分化した漬け菜の代表種で、歴史のある伝統野菜。東京・小松川で産したことからその名がある。ビタミンやミネラルが豊富で、各種料理に用いられる。
     ※販売時期:1月~11月頃
  • 7
    トマト
     ビタミンCに加え、リコピンも豊富に含み、グルタミン酸の濃度が非常に高いためうま味もあり、生食から調理、加工用にも使われる人気の高い野菜。
     ※販売時期:4月~9月頃
  • 8
    人参
     カロテンを豊富に含み、ビタミンA効果が高く、ビタミンB2・Cも多い緑黄色野菜の代表種。生食・炒める・煮るなどの方法で調理が可能。
     ※販売時期:1月~5月頃・11月~12月頃
  • 9
    きゅうり
     さわやかな緑とみずみずしい香味が魅力で、成長途中のやわらかい未熟果を食用にする。
     ※販売時期:5月~10月頃
  • 10
    キャベツ
     生でも、炒めても、漬けてもよし!幅広い用途で人気の結球野菜。胃腸によいといわれるビタミンU(キャベジン)も豊富。
     ※販売時期:1月~2月頃・10月~12月頃
  • 11
    里芋
     日本では一般的な存在で、縄文時代にイネより早く渡来したとされる古くからの主要作物。山野に自生するヤマイモに対して、里で栽培されるイモというのが名称の由来。
     ※販売時期:1月~4月頃・9月~12月頃
  • 12
    白菜
     栄養豊富で低カロリーな冬野菜の主役。日本では冬の野菜として好まれ、繊維が豊富でやわらかく、淡白な味は鍋物や漬物などに不可欠。
     ※販売時期:1月~3月頃・12月頃
  • 13
    オクラ
     繊維質、無機質、ビタミンA、B1、B2、Cが多く、栄養価に富む。エジプト、インドでは古くからの重要野菜。煮物・天ぷら・炒め物等、用途も多い。
     ※販売時期:7月~9月頃
  • 14
    ピーマン
     果実を食用とし、緑黄色野菜に分類される。唐辛子の甘味種で、ビタミンC、カロテンが大変豊富。
     ※販売時期:7月~9月頃
  • 15
    のらぼう菜
     鉄分、ビタミンA、ビタミンCが豊富で、食物繊維を豊富に富む。油との相性もよく炒め物やみそ汁の具にも使える。
     ※販売時期:1月~4月頃
  • 16
    さやいんげん
     いんげん豆の食用の未熟なさやのこと。日本全国で栽培され、栄養に富みおひたしや、和え物と彩りもさえる。
     ※販売時期:6月~7月頃
  • 17
    トウモロコシ
     もぎたての味が最高で、夏野菜の代表格。ビタミンB1、B2、リノール酸が豊富で、スタミナ源として愛され、アルコール飲料の原料ともなる。
     ※販売時期:6月~7月頃
  • 18
    じゃがいも
     3か月半で、種イモの15倍も収穫できる生産力は抜群。皮色、肉色の異なる多彩な品種が登場し、煮物、揚げ物、菓子類など用途も広がる。
     ※販売時期:6月~7月頃
  • 19
    さつまいも
     酷暑にもよく耐え強健で、栽培が容易な多収の野菜。食物繊維とビタミン類が豊富で、加熱してもビタミンCが壊れにくい特徴をもつ。赤紫、紅、黄、白などカラフルな肉色の品種があり、用途も幅広い。
     ※販売時期:9月~12月頃
  • 20
    ヤマトイモ
     さがみ長寿いもの名で親しまれ、相模原を代表する農産物。消化酵素のジアスターゼを含み、長芋より粘りが強く上品な甘みが特徴。
     ※販売時期:11月~12月頃

◇上記引用元

決定版 野菜づくり大百科 著者 板木利隆 出版元:家の光協会

販売時期は2021年ベジたべーな売上調べ